2018年2月10日土曜日

わたしはわたしでひとりで逝きます。




こんばんは。ほぼ趣味ブログ化している
ゆるブロガー、猫目書房です。

ひと月ほど前に第158回 直木賞&芥川賞が発表されましたね~。

直木賞は門井慶喜さんの「銀河鉄道の父」
芥川賞は若竹千佐子さんの「おらおらでひとりいぐも」

どちらも宮沢賢治先生つながりで、不思議です。
(以降、敬称略)

おらおらでひとりいぐも』(後述)は
宮沢賢治詩集『春と修羅』 永訣の朝 の一節でもあるので、

一介の文豪好きとして読み始めましたらば、最初の一文が
『あいやぁ、おらの頭このごろ、なんぼがおがしくなってきたんでねべか』で、
始まるではないですか。

賢治の短歌に
『わがあたま ときどきわれに ことなれる つめたき天を見しむることあり』
(一部抜粋)

というのがあり、こちらもオマージュと申しますか、
賢治愛が感じられて冒頭からニヤニヤしてしまいましたですよ。

賢治の、このちょっぴり怖い短歌、なんと10代前半の頃の作品で、
今でこそ『厨二病』で片づけかれてしまいそうですが、
この怖いシリーズを集中的に書いていた時期があります。

その辺りの制作背景を
『文豪はみんなうつ』という本にて岩波明さんが精神科医の目線から
類推なさっていてとても面白いです。



賢治をはじめ、文豪の精神的な病に研究されている本は他にもありますが、
この本は賢治以外の文豪作品についても
○○という病によりこういう文學表現になったのではないか?
と推理していたり、あるいは○○と診断されているけれど、
本当は△△だったのでは?……という
岩波さんの文學好きの現代医ならではの分析が興味深いです。


一方で病の事は深く言及せず、賢治は『視える人』という事で、

賢治の『視える・聴こえる』体質から生み出された怪異怪談作品に特化した
作品を集めたアンソロジー、
『宮沢賢治怪異小品集 可愛い黒い幽霊も面白いです。

(『視える人』に関して詳しくは、同書の編者解説をお読み下さい。)

それにしても、また絵よりも文章の方が長くなってしまいましたよ……。

そしてアフェリエイターでもないのに
本の事ばかり書いてしまうのってどうなのですかね?(知らんがな)

冒頭のgifアニメは昔作った作品のショートバージョンです。
賢治先生の生死の境を行き来する世界観に触れてふと思い出したので、ペタリ。

全編はこちら↓お暇な方はどうぞご笑覧下さい。

猫目書房の猫十夜。【第三夜/夜歩く。】 音付きVer



一応、動画用にお話のストックは他にもあるのですが、
今、一人で続きを描き書きするには、時間と体力とPCの馬力が無さすぎます。

そして昔の絵を自分で見るのしんどい。このお話もリメイクしたいす。

宝くじ当たらないかなぁ……。(買ってないけど)

いや、その前に新PCを置く場所を確保しないとですよ。(散らかっている)

それではまた。


Ora Orade Shitori egumo)→『訳:あたしはあたしでひとりいきます』

★【おまけ】
青空文庫 『春と修羅』宮沢賢治(後半に『永訣の朝』が載っています。)

……………………………………………………………………………………





2018年1月31日水曜日

D坂の猫目書房。



こんばんは猫目書房です。風邪がなおらずしんどいです。

でもブログは更新しちゃいます(天邪鬼)。


画像はクリックすると拡大します~。
………………………………………………………………………………………………


………………………………………………………………………………………………

当HP名も猫目書房なのでややこしいかもしれませんが、
作中にある『猫目書房』に関しましてはこちら、『猫町のひみつ』をご参照ください。↓




………………………………………………………………………………………………


猫目書房(猫町/猫街)の世界観は
その昔、新宿のわちふぃーるどさんで展示した連作絵が元になっております。

なんかこんな……↓



そして第十三話目の今回は『吾輩たちは猫である』の幻の第一回目でもあります。

『幻の第一回目ってなんだよ?』と思われる方もいらっしゃると思いますが、
今回のお話を過去にTwitterに載せたら意外と反応を戴けたので、

少し設定を練り直して&描き直し、今回ブログに再アップ致しました。
……というだけの話でございます。


完全に趣味の世界なので、描いてて楽しいですね~。
一冊分溜まったらどうにか電子書籍とかで出版したいですねー。ボチボチ頑張ります。

ゆっくり描いているので、最初の方と絵の変化が激しいので
たぶん全部書き直すことになりそうですけど。(苦笑)

もちろんお題絵(お仕事絵)も、自分が描かない様なモチーフを
提案して戴く事が多いので、勉強になって楽しいです。


さてさて。今回のタイトル、『D坂の猫目書房』は
言わずもがな江戸川乱歩先生の『D坂の殺人事件』のタイトルオマージュです。


……青空文庫でも読めますが、

様々な出版社さんから文庫で出ておりますので、
お好みの表紙を見つけてコレクションしてみてはいかがでしょうか~?


=ΦwΦ=☆猫目拝


2018年1月28日日曜日

ネコメンタリスト。

画像はクリックすると拡大します~。↓

………………………………………………………………………………………………


………………………………………………………………………………………………




こんばんは。猫目書房です。

テストや〆切など、やらねばならない事がある時にムラムラと
机の掃除や部屋の片づけ、書類の整理など
普段やらない様なめんどい事や、関係のない事を始めたくなる時ってありませんか?

その気持ちを心理学用語で

セルフ・ハンディキャッピング と言うらしいです。
(Self-handicapping)



たとえ失敗した時でも他のせいである
 と言い訳ができるようにして自尊心を守る自己防衛的な
 どーのこーのらしいです。

◆参考:wiki先生


さて、



私は現在、風邪をひいており猛烈に頭痛がいたいです。
何ならインフルかもしれません。

書かねばならない書類があります。
絵もあります。
LINEスタンプも作ると宣言してあります。
色々ギリギリです。


だのに何故、ブログを更新しているのでしょうか……?



そうです、これが

セルフ・ハンディキャッピングです!!!!(ドヤ顔)←※寝ろ


精神医学や心理学系の本を読むのは昔から好きです。
(あまり理解は出来ていないですけど。)

………………………………………………………………………………………………
因みに作中でご紹介した本はこちらです。
タイトルと表紙のパンチ力凄い……。


ホワイトフェイス(ピエロ)ってなんか怖いですよね。

ホワイトフェイスとピエロは違うものらしいのですが、長くなるので割愛します。



2018年1月23日火曜日

りんごのうた。

こんばんにゃ。猫目書房です。

いやはや昨日の雪は凄かったですね~。

めったに上がらないテンションが上がり、
勢い余ってしまったので久しぶりに『吾輩たちは猫である』シリーズ更新です。
………………………………………………………………………………………………
 
画像はクリックすると拡大します~。

………………………………………………………………………………………………





君かへす  朝の舗石  さくさくと  雪よ林檎の  香のごとくふれ

………………………………………………………………………………………………………………


もうこの短歌の背景を知って以来、猫目は
林檎×雪というキーワードだけで、お色気妄想zipファイル解凍ですわ。
(中学生か)

こちらの詩(短歌)は



・ハルキ文庫の 北原白秋詩集
・岩波書店 白秋全集6とかにも載っていますので

お気に召しましたらご購入して他の作品もご覧になって下さいませね。


………………………………………………………………………………………………………………
◆【おまけ】4~5年ほど前に発売した電子絵本がただいま
Kindle Unlimited で¥だそうです。
宜しければご笑覧下さいませ~。
いっしょにあるこう。   (著)猫目書房 

巻末に書いてありますが、売り上げの寄付は継続中でございますです。

0円でもたくさん読んでもらえれば一応配当金はあるのかな(*´ω`*)?
数年前の電子書籍初期の作品なので、大画面で見るとアレなところもありますが
携帯でみると綺麗です。(ひらきなおる)
………………………………………………………………………………………………
=ΦwΦ=それではまた♬

猫目拝

2018年1月21日日曜日

草を枕に眠りたい。

こんばんは。猫目書房です。

立て続け更新してすみませんねぇ。

先日、ある方が

絵が描けたり、文章が書けたり、何か表現する才能がある人はいいなぁ。

と言って下さったのですが、

屈託なく笑顔を向けてくれる方とか、
じっくり話をきいてくれる方とか、
疲れた時にご飯やお茶を出してくれる方とか、

飲み会の時にさくっと割り勘計算してくださるのもすごい才能だと思いますです。

猫目はどれも出来ませんから……。

ありがてぇ。ありがてぇ。


画像はクリックすると拡大します~。



そんなわけでこちらの作品を思い出したのでリマインドさせて戴きます。

(初期の頃(7年前?)にもご紹介させて戴きましたが、
プリントアウトして財布に入れておきたいくらい好きな冒頭なので、
まぁ、いいじゃない……。)

--------------------------------------------------------------
草枕 (夏目漱石)
--------------------------------------------------------------

 山路(やまみち)を登りながら、こう考えた。
 
 智(ち)に働けば角が立つ。
 情に棹(さお)させば流される。
 意地を通せば窮屈だ。 とかくに人の世は住みにくい。
 
 
 住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。
 どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。
 
 
 人の世を作ったものは神でもなければ鬼でもない。
 やはり向う三軒両隣りにちらちらするただの人である。
 
  
 ただの人が作った人の世が住みにくいからとて、越す国はあるまい。
 あれば人でなしの国へ行くばかりだ。
 人でなしの国は人の世よりもなお住みにくかろう。
 
 
 越す事のならぬ世が住みにくければ、住みにくい所をどれほどか、
 寛容(くつろげ)て、束の間の命を、束の間でも住みよくせねばならぬ。
 ここに詩人という天職が出来て、ここに画家という使命が降(くだ)る。
 
 
 あらゆる芸術の士は人の世を長閑(のどか)にし、
人の心を豊かにするが故(ゆえ)に尊(たっ)とい。
 
 
 住みにくき世から、住みにくき煩いを引き抜いて、
 ありがたい世界をまのあたりに写すのが詩である、画である。
 あるは音楽と彫刻である。

 
 こまかに言えば写さないでもよい。
ただまのあたりに見れば、そこに詩も生き、歌も湧く。

--------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------
低気圧のせいか、気温差のせいか眠ネムです。

今宵は草を枕に眠りたいと思いますです。

みなさまも良い夢を~。

=ΦwΦ=<おやすみなさい~☆