2018年7月31日火曜日

NEO寺子屋。Online Laboratory.

こんばんは。猫目書房です。

いつもはコミュ障なのに……。
合コンすら行った事がないのに……。

イベント終了後(前回記事参照)、



謎のコミュ力発揮して
【ショートショート作家・田丸雅智のオンライン研究室】オフ会
なるものに参加してきました。


最終的には田丸先生と編集さんを質問攻めにする会(笑)と化して楽しかったです。


本を読んだり、勉強する事が昔から好きでして、文やイラスト、その他、
興味のある分野の講座に通う事を社会人になってからも度々していたのですが

私は昔から虚弱なので

学びたい講座を見つけても遠くて通いきれず、
もったいないお化けを出現させてしまうこともしばしば……。

そんな感じですので、最近は専らネット(オンライン)系の教室に通って(?)おります。

ネットの授業は時間のある時に細切れにでも、少しづつでも
携帯さえあれば学べるのがいいですね。

田丸先生のオンラインサロンは基本的に実名のFacebookと連動しているので
匿名で入会出来るファンサイトみたいに荒れないですし、
入退会自由・作家さんのサロンにしては破格のお値段ですのよ奥様。(ステマ)

メインは田丸先生ですが、
サポートなさっている某社の編集さんたちのコメントや裏話もかなり面白いです。

猫目が痛々しいコメントをした時にもふんわり軌道修正して下さる
(優しい°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°)ので

さすがプロの編集さんは違うなぁ。とか思ったりします。


ちう事で

・文學・ショートショートに興味がある。
・作家と編集(出版社)さんとの新しい関係性。
・オンラインサロン、これから作ってみたいぜ★
・忙しくてリアル講座になかなか通えないよ!!

……等々の皆さまに試しに覗いてみてはいかがでしょうか~?

……………………………………………………………………………………
その他、猫目のオススメは

絵の知識は【パルミー】さ

とか

◆ CLIPSTUDIO の使い方講座 とかとても為になります。


文章・その他はDMMオンラインサロンに多種多様にありますね。

……………………………………………………………………………………
ネットサロン・ファンサイト等は

教えられる「知識」や、提供できる「作品」はあるのに、足腰悪くて外出は難しい。
介護があるから決まった時間に教壇に立てないぜ!

というベテラン作家さんもオンラインサロンならマイペースに開けるので、
新しい私塾スタイル(寺子屋)になっていくのかもなぁ。

などと考えたりも致しました。

その他にも
……………………………………………………………………………………
①【pixivfanbox


②【BOOTH


③【SUZURI People


④【note


……等々。自身の才能や作品を「売る場」
応援して下さる方との「交流する場」が増えているのはいい事ですよね。

①~④はクリエイター自身がすべて管理しているケースが多いのですが、
編集さんやマネージャーさん的な方と
複数人で回しているページの方が安定している気がしないでもないので、

今後、果たしてどのネットサロン・ファンサイトが残っていくのか!?

時代とテクノロジーと平成と新年号の間を
揺蕩いながら観察したり参加して参りたいと存じます。
……………………………………………………………………………………
【補足】
散々ネットを持ち上げまちたが、
リアル教室の良い所は先生方や他の生徒さんの熱量が伝わりやすい事ですし、
何より実体験は記憶に残りやすく後から見返せないので、
脳から変な汁が出でモチベーションが爆上がりするのがいいですね。
体調の良い時にまた通いたいです。


アチコチ話題が飛びましたが、バテて参りましたので、そろそろお暇致します。

=ΦwΦ=<それではまた~。

2018年7月21日土曜日

Q々車と深海イベント

こんにちは。猫目書房です。

いやはや今週は何だか身体が夏になりすぎまして、
ちょっと召されかけて搬送されたり、臥せったりしておりましたが、微復活致しました。


来週から緩々と起動したいと思います。宜しくお願い申し上げます。

毎日地獄の窯の蓋を開けたような暑さですね。
皆様も召されぬよう、何卒ご自愛下さいませ。


それはそれとして、
拙作、『人魚の檻』を含む
(※猫目ではなく、AYAKA名義で掲載しております。)

ショートショートガーデン 優秀作品集 【海】 (PHP電子)   田丸 雅智(編)
電子書籍として配信開始されているのですが、



◆それに関連したイベントが2018/07/27 (金)に開催されます。
★ショートショート×音楽 というコンセプトのイベントです。

・出演:田丸雅智/アーバンギャルド(Vo)浜崎容子(※敬称略)です。
お二人が創作感を語りつつ、プチコン2 海も振り返りつつ…な感じだそうです。

どなたも知ったこっちゃないでしょうけれども、
私も会場のどこかにいるかもしれませんし、居ないかもしれません。

【文学×音楽】にご興味あるみなさま。
創作活動にご興味ある皆さま。

どうぞお越しくださいませ~=ΦwΦ=♪

◆【詳細】


日時:7/27(金)18:30〜
出演:アーバンギャルド(Vo)浜崎容子/田丸雅智
 ……………………………………………………………………………………
【Peatix のEチケット】

2018年7月5日木曜日

7月7日は増上寺においでよ★七夕SS作品入選・展示情報

こんばんは。猫目書房です。

後先になってしまいましたが、一般社団法人七夕協会さん主催の
【七夕ショートショートコンテスト~ねがいごと~】に

拙作、『千年蛙の王』が入賞いたしました。



◆最優秀賞を含む入賞作品一覧はこちらでご覧頂けます。
七夕ショートショートコンテスト~ねがいごと~

超過密スケジュールの中、運営・審査をして下さいました、
七夕協会・増上寺・SSG(田丸先生&PHP)の皆さま。
本当にありがとうございます。(平伏)

つきまして、優秀作品は

◆7月7日(土)東京港区の増上寺で行われる
「増上寺の七夕祭り ナイトキャンドル2018」にて、
同寺の「蓮華の間」にて16時から展示される予定です。

★増上寺

①→TOP 

②→詳細

③→アクセス

★今回は大賞ではないので、最優秀賞の近くにそっと展示してある程度だと思いますが、
増上寺さんの七夕まつりは幻想的で素敵なイベントで有名ですので、お近くお越しの際はどうぞお立ち寄り下さいませね(*´∀`*)°˖✧♪✧˖°

★増上寺のその他にも七夕関係のイベント↓
 川柳展示・和紙キャンドル・短冊願い事祈祷所(?)ライトアップ
 など盛りだくさんです。

メディアの取材も受付中だそうです。
(七夕協会さん談)

★地域によって七夕が8月という所もあるらしく、
今後入選作品集が【冊子】として配布されたりもするようです。
(電子書籍化はまだ不明です)


追ってご報告致しますので(たぶん)
ひきつづき宜しくお願い申し上げます〜。

そんなこんなで
テーマは「ねがいごと」でしたが、
今のねがいごとは『7/7は晴れますように』ですね~(笑)

皆さまどうぞ楽しい七夕をお過ごし下さい。
………………………………………………………………………………………………
【主催】一般社団法人七夕協会・ショートショートガーデン事務局
………………………………………………………………………………………………

◆もちろんまだまだ【海】・【花】ならびに関連イベントも宜しくお願い申し上げます。
前回記事参照

2018年7月1日日曜日

人魚日和~【海】電子書籍配信開始&イベント情報~

こんばんは。猫目書房です。

いやはや梅雨明けですってよ。奥様。

それはそれとして、前回お知らせ致しました拙作、『人魚の檻』を含む

ショートショートガーデン 優秀作品集 【海】 (PHP電子)   田丸 雅智(編)
電子書籍として配信開始されました。



(お忙しい中、審査・編集・校正をして下さった田丸先生。
SSG・PHPのみなさま。ありがとうございます♪)

★田丸雅智先生の書き下ろし新作と講評を収録つきで、なんと無料です。
また、一話400字という規定で書かれておりスキマ時間でお読み頂けますし、
16名の共著ということで、十六人十色(※造語)ですので
お気に入りの作品がみつかるかもしれません。
どうぞお気軽にDLやレビューのほどを~(*^^*)♪
………………………………………………………………………………………………
◆そしてなんと、『人魚の檻』今回は最優秀賞を頂戴致しました。

1位!嬉しいです。

感謝感激雨アラレ。ありがたや。ありがたや~(涙)

★ワタクシ、文章の方は
SSG(ショートショートガーデン)内にてAYAKA名義で掲載しております。

もしお気に召して戴けましたら他の作品のご高覧、
お仕事のお問合せ・ご依頼……などなどお待ちしております。
どうぞよろしくお願い申し上げます。


★SSG(ショートショートガーデン)さんTwitterアカウント
@short2twit
………………………………………………………………………………………………
◆さて、ショートショートとは、(諸説あり)
『短くて不思議な物語』の事です。

ご自身で「書いてみたくなっちゃった★」
という方もいらっしゃるでしょう。

そうでしょう。そうでしょう。

そんなそこのあなた。
どうぞSSGにアカウントを作って遊んでみて下さい~。

400字、意外とエグイ短さで、楽しいですよ。


………………………………………………………………………………………………
◆また前回の記事と重複してしまいますが、

関連イベントも2018/07/27 (金)に開催されます。

★ショートショート×音楽 というコンセプトのイベントです。
【花】イベントと異なり、受賞作の朗読がメインでは無いもようです)

 【文学×音楽】にご興味あるみなさま。是非~=ΦwΦ=♪

◆【詳細】


日時:7/27(金)18:30〜
出演:アーバンギャルド(Vo)浜崎容子/田丸雅智
 ……………………………………………………………………………………
【Peatix のEチケット】






2018年6月22日金曜日

【人魚の檻】入賞しました。




こんばんは。猫目書房です。

別名義ではありますが、お陰様で前回に引き続き、
またショートショートの賞を頂戴致しました。

賞のテーマは『海』でした。

◆私は【 人魚の檻。 】と言う作品が入賞しました。

大賞は後日、電子書籍内にて発表されるそうです。)

★入賞作品一覧→【コンテスト 海】

前回よりも遥かに参加者も増え、皆さまクォリティも高く『今回は無理だなー』と思っておりましたので、とても嬉しいです。
ありがとうございます。

★【お知らせ】

受賞作品は今回もPHPさんより電子書籍化され、6/29(金)に配信されます。
田丸雅智先生の書き下ろし新作と講評を収録つきで、なんと無料です。

配信媒体は
iBooks、Googleプレイ、Kindleストア、紀伊國屋書店WEBストア。
……etc.の予定です。 

現時点ではノミネート作品の発表しかされておりませんが、
電子書籍内では大賞も書いてあるとかなんとか。

また近くなったらご報告&宣伝させて下さいませ~ m(_ _)m

……………………………………………………………………………………
さて、それと関連して7/27 (金)

★【文学×音楽】 というコンセプトのイベントも開催されます。
 
 (前回の様に受賞作の朗読がメインではないもようです)

 【文学×音楽】に興味あるみなさま。是非~=ΦwΦ=♪

若しくは田丸先生の創作の【不思議な言葉ジェネレーター】が気になる方は是非!

【不思議な言葉ジェネレーター】は
  言葉を入れ込んでいくとショートショートが書けてしまうのです!
  これで夏休みの宿題もばっちり☆

◆【詳細】PHP内 詳細ページ

会場:ポレポレ坐(東中野)
日時:7/27(金)18:30〜
出演:アーバンギャルド(Vo)浜崎容子/田丸雅智
 ……………………………………………………………………………………
【Peatix のEチケットリンク】↓↓


 ……………………………………………………………………………………
そんなこんなで、

6月末→電子書籍配信スタート
7月末→音楽家と小説家の【文学×音楽】&少し【海】なトークイベント。

です。

それでは皆様。
穏やかで楽しい週末をお過ごし下さいませ~。

=ΦwΦ=猫目拝


2018年5月13日日曜日

電書だヨ!!全員集合!

画像はクリックすると拡大します~。)

お久しぶりでございます。猫目書房です。

こちらのイベント・イラストHPでご報告するのもどうかと思いましたが、

『猫目のヤロウ(♀だけど)頑張るとか言いながらブログさぼってんじゃねぇよ』

……という御声も聞こえてきそうなのでご報告をば。

最近何をしていたかと申しますと、
文章の方でちょっとした賞を戴きまして、共著などが出ました。

『ショートショートガーデン プチコン受賞作品集 花』(PHP研究所/田丸雅智[編])

(私はAYAKAという別名義で、『猫目椿』という作品を寄稿しております。)



一時は1位とか3位まで行きまして、
お陰様でございます。本当にありがとうございます。
画像はクリックすると拡大します~。)



ショートショートガーデン授賞式では作品を審査委員長の田丸雅智先生のご講評と
声優の大原さやか様に作品を朗読して戴くという夢の様なイベントがあり、

今年の運を使い果たしたのでは無いかしらん!?

……などとも思いましたが、近い将来、文章での単著も出したいので、
絵は絵で、文章は文章でこれからも頑張って参ります。

ですのでこれからも応援の程、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

=ΦwΦ=★猫目拝

……………………………………………………………………………………
◆【info】
『ショートショートガーデン プチコン受賞作品集 花』
(PHP研究所/田丸雅智[編])は
電子書籍のみですが、様々な媒体でデジタル出版しております。

受賞者の中にひっそりプロの方が2人いらしてびっくりポン。

そして田丸先生の書き下ろし&新世代ショートショートに関するご解説、
各作品に関する講評なども収録されております。

いずれも無料ですので、宜しければ、
ご高覧・DL・レビュー等々、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

そして最後になってしまいましたが、
お忙しい中、各端末にコンバートして下さった
SSGならびにPHP研究所の電子書籍ご担当の皆さま。
本当にありがとうございます。

(私はAYAKA名義で、『猫目椿』という作品を寄稿しております。)
……………………………………………………………………………………
Amazon(Kindle版)

iPhone

Googleプレイ

紀伊國屋書店ウェブストア

NetGalleyJP

COCORO BOOKS(SHARP運営)

pixivノベル
[pixivノベル]さんは縦書きで読みやすいです~♪

(欲を申し上げれば横書きでベストな状態で書いたので、
 縦書き用にちょっとなおさせて戴きたいなぁ……。)
 ※おねだり(*´ω`)

……………………………………………………………………………………
拙作、『猫目椿』は会場やTwitterでのご感想で
多くの方から「怖い」と言って戴けて、嬉しかったです。

僭越ながら、自分なりにこの辺りの書籍を読み返し、
怪談×ホラー、てのひら×ショートショートの違いなどを
整理してから制作に臨めたのが良かったのかもしれませぬ。


てのひら・ショートショート・短編小説……
どれも違うけど、同じでもあるから難しいです。
今度改めて自分メモ用に図にしてブログにでも載せたいですなぁ……。

それこそ烏滸がましいかもしれませんが、メモっとかないと自分が忘れるので。

それではまた。

……………………………………………………………………………………

【おまけ】猫目の文章アカウント
(今の所、AYAKAという別名義で活動しております。いずれ統合するかもですが……。)

◆Twitter:AYAKA(@ayaka_nyaa5)
SSG内AYAKA作品ページ (400字ショートショート作品、主にホラーです)

……………………………………………………………………………………
ショートショートガーデンHP(SSG)

【╹◡╹】ショートショートガーデンってなあに?

(´・ω・`)  「ショートショートって?」
(✿╹◡╹)ノ「みじかくて不思議な物語」
(´・ω・`)  「じゃあショートショートガーデンは?」
(✿╹◡╹)ノ「400字ショートショートがいっぱい集まる場所」

(SSGTwitterより引用)

……………………………………………………………………………………


2018年2月10日土曜日

わたしはわたしでひとりで逝きます。




こんばんは。ほぼ趣味ブログ化している
ゆるブロガー、猫目書房です。

ひと月ほど前に第158回 直木賞&芥川賞が発表されましたね~。

直木賞は門井慶喜さんの「銀河鉄道の父」
芥川賞は若竹千佐子さんの「おらおらでひとりいぐも」

どちらも宮沢賢治先生つながりで、不思議です。
(以降、敬称略)

おらおらでひとりいぐも』(後述)は
宮沢賢治詩集『春と修羅』 永訣の朝 の一節でもあるので、

一介の文豪好きとして読み始めましたらば、最初の一文が
『あいやぁ、おらの頭このごろ、なんぼがおがしくなってきたんでねべか』で、
始まるではないですか。

賢治の短歌に
『わがあたま ときどきわれに ことなれる つめたき天を見しむることあり』
(一部抜粋)

というのがあり、こちらもオマージュと申しますか、
賢治愛が感じられて冒頭からニヤニヤしてしまいましたですよ。

賢治の、このちょっぴり怖い短歌、なんと10代前半の頃の作品で、
今でこそ『厨二病』で片づけかれてしまいそうですが、
この怖いシリーズを集中的に書いていた時期があります。

その辺りの制作背景を
『文豪はみんなうつ』という本にて岩波明さんが精神科医の目線から
類推なさっていてとても面白いです。



賢治をはじめ、文豪の精神的な病に研究されている本は他にもありますが、
この本は賢治以外の文豪作品についても
○○という病によりこういう文學表現になったのではないか?
と推理していたり、あるいは○○と診断されているけれど、
本当は△△だったのでは?……という
岩波さんの文學好きの現代医ならではの分析が興味深いです。


一方で病の事は深く言及せず、賢治は『視える人』という事で、

賢治の『視える・聴こえる』体質から生み出された怪異怪談作品に特化した
作品を集めたアンソロジー、
『宮沢賢治怪異小品集 可愛い黒い幽霊も面白いです。

(『視える人』に関して詳しくは、同書の編者解説をお読み下さい。)

それにしても、また絵よりも文章の方が長くなってしまいましたよ……。

そしてアフェリエイターでもないのに
本の事ばかり書いてしまうのってどうなのですかね?(知らんがな)

冒頭のgifアニメは昔作った作品のショートバージョンです。
賢治先生の生死の境を行き来する世界観に触れてふと思い出したので、ペタリ。

全編はこちら↓お暇な方はどうぞご笑覧下さい。

猫目書房の猫十夜。【第三夜/夜歩く。】 音付きVer



一応、動画用にお話のストックは他にもあるのですが、
今、一人で続きを描き書きするには、時間と体力とPCの馬力が無さすぎます。

そして昔の絵を自分で見るのしんどい。このお話もリメイクしたいす。

宝くじ当たらないかなぁ……。(買ってないけど)

いや、その前に新PCを置く場所を確保しないとですよ。(散らかっている)

それではまた。


Ora Orade Shitori egumo)→『訳:あたしはあたしでひとりいきます』

★【おまけ】
青空文庫 『春と修羅』宮沢賢治(後半に『永訣の朝』が載っています。)

……………………………………………………………………………………





2018年1月31日水曜日

D坂の猫目書房。



こんばんは猫目書房です。風邪がなおらずしんどいです。

でもブログは更新しちゃいます(天邪鬼)。


画像はクリックすると拡大します~。
………………………………………………………………………………………………


………………………………………………………………………………………………

当HP名も猫目書房なのでややこしいかもしれませんが、
作中にある『猫目書房』に関しましてはこちら、『猫町のひみつ』をご参照ください。↓




………………………………………………………………………………………………


猫目書房(猫町/猫街)の世界観は
その昔、新宿のわちふぃーるどさんで展示した連作絵が元になっております。

なんかこんな……↓



そして第十三話目の今回は『吾輩たちは猫である』の幻の第一回目でもあります。

『幻の第一回目ってなんだよ?』と思われる方もいらっしゃると思いますが、
今回のお話を過去にTwitterに載せたら意外と反応を戴けたので、

少し設定を練り直して&描き直し、今回ブログに再アップ致しました。
……というだけの話でございます。


完全に趣味の世界なので、描いてて楽しいですね~。
一冊分溜まったらどうにか電子書籍とかで出版したいですねー。ボチボチ頑張ります。

ゆっくり描いているので、最初の方と絵の変化が激しいので
たぶん全部書き直すことになりそうですけど。(苦笑)

もちろんお題絵(お仕事絵)も、自分が描かない様なモチーフを
提案して戴く事が多いので、勉強になって楽しいです。


さてさて。今回のタイトル、『D坂の猫目書房』は
言わずもがな江戸川乱歩先生の『D坂の殺人事件』のタイトルオマージュです。


……青空文庫でも読めますが、

様々な出版社さんから文庫で出ておりますので、
お好みの表紙を見つけてコレクションしてみてはいかがでしょうか~?


=ΦwΦ=☆猫目拝


2018年1月28日日曜日

ネコメンタリスト。

画像はクリックすると拡大します~。↓

………………………………………………………………………………………………


………………………………………………………………………………………………




こんばんは。猫目書房です。

テストや〆切など、やらねばならない事がある時にムラムラと
机の掃除や部屋の片づけ、書類の整理など
普段やらない様なめんどい事や、関係のない事を始めたくなる時ってありませんか?

その気持ちを心理学用語で

セルフ・ハンディキャッピング と言うらしいです。
(Self-handicapping)



たとえ失敗した時でも他のせいである
 と言い訳ができるようにして自尊心を守る自己防衛的な
 どーのこーのらしいです。

◆参考:wiki先生


さて、



私は現在、風邪をひいており猛烈に頭痛がいたいです。
何ならインフルかもしれません。

書かねばならない書類があります。
絵もあります。
LINEスタンプも作ると宣言してあります。
色々ギリギリです。


だのに何故、ブログを更新しているのでしょうか……?



そうです、これが

セルフ・ハンディキャッピングです!!!!(ドヤ顔)←※寝ろ


精神医学や心理学系の本を読むのは昔から好きです。
(あまり理解は出来ていないですけど。)

………………………………………………………………………………………………
因みに作中でご紹介した本はこちらです。
タイトルと表紙のパンチ力凄い……。


ホワイトフェイス(ピエロ)ってなんか怖いですよね。

ホワイトフェイスとピエロは違うものらしいのですが、長くなるので割愛します。



2018年1月23日火曜日

りんごのうた。

こんばんにゃ。猫目書房です。

いやはや昨日の雪は凄かったですね~。

めったに上がらないテンションが上がり、
勢い余ってしまったので久しぶりに『吾輩たちは猫である』シリーズ更新です。
………………………………………………………………………………………………
 
画像はクリックすると拡大します~。

………………………………………………………………………………………………





君かへす  朝の舗石  さくさくと  雪よ林檎の  香のごとくふれ

………………………………………………………………………………………………………………


もうこの短歌の背景を知って以来、猫目は
林檎×雪というキーワードだけで、お色気妄想zipファイル解凍ですわ。
(中学生か)

こちらの詩(短歌)は



・ハルキ文庫の 北原白秋詩集
・岩波書店 白秋全集6とかにも載っていますので

お気に召しましたらご購入して他の作品もご覧になって下さいませね。


………………………………………………………………………………………………………………
◆【おまけ】4~5年ほど前に発売した電子絵本がただいま
Kindle Unlimited で¥だそうです。
宜しければご笑覧下さいませ~。
いっしょにあるこう。   (著)猫目書房 

巻末に書いてありますが、売り上げの寄付は継続中でございますです。

0円でもたくさん読んでもらえれば一応配当金はあるのかな(*´ω`*)?
数年前の電子書籍初期の作品なので、大画面で見るとアレなところもありますが
携帯でみると綺麗です。(ひらきなおる)
………………………………………………………………………………………………
=ΦwΦ=それではまた♬

猫目拝

2018年1月21日日曜日

草を枕に眠りたい。

こんばんは。猫目書房です。

立て続け更新してすみませんねぇ。

先日、ある方が

絵が描けたり、文章が書けたり、何か表現する才能がある人はいいなぁ。

と言って下さったのですが、

屈託なく笑顔を向けてくれる方とか、
じっくり話をきいてくれる方とか、
疲れた時にご飯やお茶を出してくれる方とか、

飲み会の時にさくっと割り勘計算してくださるのもすごい才能だと思いますです。

猫目はどれも出来ませんから……。

ありがてぇ。ありがてぇ。


画像はクリックすると拡大します~。



そんなわけでこちらの作品を思い出したのでリマインドさせて戴きます。

(初期の頃(7年前?)にもご紹介させて戴きましたが、
プリントアウトして財布に入れておきたいくらい好きな冒頭なので、
まぁ、いいじゃない……。)

--------------------------------------------------------------
草枕 (夏目漱石)
--------------------------------------------------------------

 山路(やまみち)を登りながら、こう考えた。
 
 智(ち)に働けば角が立つ。
 情に棹(さお)させば流される。
 意地を通せば窮屈だ。 とかくに人の世は住みにくい。
 
 
 住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。
 どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。
 
 
 人の世を作ったものは神でもなければ鬼でもない。
 やはり向う三軒両隣りにちらちらするただの人である。
 
  
 ただの人が作った人の世が住みにくいからとて、越す国はあるまい。
 あれば人でなしの国へ行くばかりだ。
 人でなしの国は人の世よりもなお住みにくかろう。
 
 
 越す事のならぬ世が住みにくければ、住みにくい所をどれほどか、
 寛容(くつろげ)て、束の間の命を、束の間でも住みよくせねばならぬ。
 ここに詩人という天職が出来て、ここに画家という使命が降(くだ)る。
 
 
 あらゆる芸術の士は人の世を長閑(のどか)にし、
人の心を豊かにするが故(ゆえ)に尊(たっ)とい。
 
 
 住みにくき世から、住みにくき煩いを引き抜いて、
 ありがたい世界をまのあたりに写すのが詩である、画である。
 あるは音楽と彫刻である。

 
 こまかに言えば写さないでもよい。
ただまのあたりに見れば、そこに詩も生き、歌も湧く。

--------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------
低気圧のせいか、気温差のせいか眠ネムです。

今宵は草を枕に眠りたいと思いますです。

みなさまも良い夢を~。

=ΦwΦ=<おやすみなさい~☆

2018年1月20日土曜日

遠くの野には花がある。

こんばんは。猫目書房です。

今日は二十四節気でいうところの『大寒』で寒いですね~。
寒さは厳しいですが、一方で七十二候では『蕗冬華(ふきのはなさく)』っちう事で、
地面の下、見えない所では春がパワーを蓄えて動き始めているようです。


旬のものを食べると元気が出ると言いますが、
気の合う友人に会ったり、
好きな場所に行ったり、好きな事をするのでも元気がでますよね。

人生それなりに長いので、都度都度しんどい事もあるかと存じますが、
みなさまも偶にはご自身を労って下さいね (*^^*)


さてさて。
数年前のブログにも書きましたが、猫目は新川和江さんが好きで、



その中でも寒い日・風が強い日・しんどい日に思い出す大好きな詩がありますので

ご紹介します。↓

---------------------------------------------------------------------------
わたしは 何処へ 《新川 和江》ハルキ文庫より
---------------------------------------------------------------------------
わたしは 何処へ
行くのでしょう
人生は荒野だ
とはいっても
歩いて行かない
わけにはいかないのです
風のつよい日
灌木のしげみがさわいで
わたしの髪も みだれました

日も 月も
流れていきます

愛もまた流れ去る
とはいっても
愛なしで生きていけるでしょうか
風のつよい日
思い出がめくれて
癒えたはずの傷がまた いたみました

白い道は どこまでも
つづいています
人生はひとつの旅だ
とはいっても
小鳥のようにとまる枝が
あってのことでしょう
風のつよい日
遠くの野には花がある
じぶんにいい聞かせて 歩きました
--------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------

自分にもそれなりに色々な事がありますが、
ココロだけは闇落ちせぬよう、
遠くの野(近い将来)には花がある
じぶんにいい聞かせて ポツポツ歩いて行こうと思いました。

新川和江さんの詩、本当に素敵なので
お気に召しましたらご購入して他の作品もご覧になって下さいませね。

=ΦwΦ=それではまた♬

猫目拝

-------------------------------------------------------------
info【お知らせ】
4~5年ほど前に発売した電子絵本がただいま
Kindle Unlimited で¥0だそうです。
宜しければご笑覧下さいませ~。
 いっしょにあるこう。   著:猫目書房

巻末に書いてありますが、売り上げの寄付は継続中でございますです。


0円でもたくさん読んでもらえれば一応配当金はあるのかな(*´ω`*)?
数年前の電子書籍初期の作品なので、大画面で見るとアレなところもありますが
携帯でみると綺麗です。(ひらきなおる)


2018年1月17日水曜日

猫と村正とわたし。

こんばんは。猫目書房です。

明日は新月でお月さんみえませんねー。



猫の眼は月やお星みたいに妖しく美しくペカペカ光って綺麗ですが、

人間の目も光る事があるよ。という不思議で怖いお話があります。

小酒井不木の『猫と村正』です。

小酒井不木さん、面白いですよね~。
医学博士だから(?)そのあたりの知識をからめた
変格探偵モノや不思議怖い話をたくさん書かれています。

青空文庫でも読めますけど、やはり縦書きで紙媒体でじわじわ読むと楽しいです。
前回も少し書きましたけど、
同年代の作家さんのキャラが濃いせいか
現代ではあまり本屋さんで見かけないのが残念です。



更新が少し開いてしまいましたね~。すみません。

昨年末から
風邪気味一歩手前をずーっと引きずっている感じで、
悪寒がひどくて毎日カイロを三つ貼って過ごしております。
いっそガッツリ熱でも出てくれたらいいのに。

そんなこんなで皆さまもご自愛ください。

ではまた。

=ΦwΦ=★猫目拝

2018年1月1日月曜日

吾輩たちは猫であるが、今年は戌年である。

明けましておめでとうございます。猫目書房でございます。

2018年(平成30年!!)

一陽来復/斧琴菊/笑門来福/商売繁盛/健康第一



……という感じで。
皆様にとって楽しい一年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。

今年の……と言うよりは数年計画の個人的な目標(希望)と致しましては

紙媒体のお仕事は今の数をキープあるいは少し増やしつつ、
『ネット関係の定期的なお仕事もがっつり出来るよう、
 ほふく前進でジワジワ着実ににじり寄る。』ですね~。


とか書いている間にGIFマガジンさんにご紹介戴きました。
仕事とはちと違いますが、ありがたや~。ありがたや~。で、ございます。




ネット大好き。
でも大人数の飲み会は苦手……な私の理想のお仕事スタイル(環境?状況?)は
キューライスさんです。こんな感じで黙々と描き書きできるよう、頑張ります。

スキウサギ「クリスマス」 - キューライス記


そんなこんなで
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


猫目拝

.。.:=ΦwΦ=.。.:*★


一陽来復/いちようらいふく
(悪いことが続いたあと、ようやく物事がよい方に向かうこと。)

斧琴菊/よきこときく(良き事を聞く)

…………………………………………………………………………………………………………………………………………
◆【おまけ】
小ネタですけど、干支動物の後ろの本には
毎年その干支に因んだ本がいくつか隠れております。



今年のラインナップは

・夢野久作/神博士

・小酒井不木/神 

・横溝正史/神家の一族

・芥川竜之介/と笛

てな感じです。(敬称略)

小酒井不木……好きなんですけど(詳しくはない)、
       現代ですと若干知名度が低いのが残念です。
       乱歩先生あたりのキャラが濃いせいかしらん?

=ΦwΦ=<ではまた♬